脱毛サロンによる脱毛方法の違いを紹介

脱毛サロンで施術される脱毛方法は大きく分けて3種類の脱毛方法があります。

 

  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
  • 光脱毛

 

それぞれの脱毛方法について解説していきます。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛は医療用レーザーを使用した脱毛方法です。
レーザー脱毛は医療従事者でないと行うことができない為に、一般の脱毛サロンでは施術できず、病院やクリニックでの脱毛方法になります。
光脱毛などに比べて、レーザーのほうが威力が強いために、脱毛効果は高いのですが、少し痛みが伴います。

 

レーザー脱毛の特徴は、クリニックなどでの施術に限定されるのでアフターケアを医師に相談できるというのも特徴です。
1回の施術費用は、ほかの脱毛方式と比べても割高です。
脱毛効果が高いことから、少し威力を弱めて一般の方でも扱えるようにして家庭用のレーザー脱毛機としても販売されています。

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛はその名前の通り、専用のハリを毛穴に指して行う脱毛方法です。
ハリを毛穴にさし、直接電気を流して毛根にダメージを与えることで毛が生えてこなくなります。

 

ハリを指すときに痛みは感じないのですが、電気を流すときに強い痛みを感じるのも特徴です。
痛みに対する耐性が強い方や、永久脱毛を希望される方にはオススメの脱毛方法です。

 

光脱毛

光脱毛には大きく分けて2種類の脱毛方法があります。

 

  • SSC(スムース・スキン・コントロール)方式
  • IPL(インテンス・パルス・ライト)方式

 

 

SSC方式は毛根は焼かずに、抑毛ジェルの上から光を当てて毛穴に浸透させていく方法
毛の成長を抑制する脱毛方法

 

IPL方式は毛根にダメージを与えて生えてこなくさせる方法
毛の組織を破壊する脱毛方法

 

光脱毛は肌へのダメージが少なく、痛みも抑えられているのが特徴です。
ちなみに、キレイモで行われている施術方法はIPL方式です。